健康のためのスポーツではウォーキングが負荷も軽く良いのですが、肩甲骨を意識した動きをするといいです。

スポーツで健康的にダイエット

スポーツで健康的にダイエット
スポーツで健康的にダイエット

スポーツとしてやるウォーキングは肩甲骨を意識するといいです

ウォーキングは健康にいいということで、スポーツとして毎日の日課にしている人も多いと思います。有酸素運動の中でも体に負担が少なく、ゆっくりでもいいので長時間歩くことによって血流が良くなるのと、歩くための筋力が維持されます。何気に歩いているよりも、ウォーキングはフォームを作ることによって、体に対する効果が違います。まず肩甲骨を意識した姿勢をすることが大切になり、肩甲骨を意識する事によって呼吸が楽になるということがあります。呼吸には肺の他にも横隔膜の動きが関係してきます。肩甲骨というのは、呼吸筋である横隔膜との関係性から、動きが出るようになると周りの筋肉が弛んできますので、呼吸が楽にできるようになるのです。

反対に呼吸がうまくできない人では、肩甲骨周りの筋肉が硬くなっていることもあり、呼吸筋に負担がかかっているといえます。これはランニングなどでは特に注意するといいのですが、ウォーキングでも意識をすることで楽にあるけるようになります。上手く肩甲骨を意識できない人は、まずはウォーキングをする前に腕を伸ばすストレッチをしたり、そして肩甲骨を動かすような型の体操をするといいです。強制的に運動をさせるので嫌でも意識が出来るようになります。

Copyright 2019 スポーツで健康的にダイエット All Rights Reserved.